「MUSiC GARDEN」は、音楽プロデューサー島崎貴光が主宰する講座です。

MUSiC GARDEN

作詞の勉強本 作詞の勉強本 これが知りたかった!音楽制作の秘密100
これが知りたかった!音楽制作の秘密100  仮歌・仮歌詞が必要な作曲家・作詞家志望者へ

作詞・作曲編曲講座

作曲・編曲メール講座

講師:島崎貴光 http://www.t-shimazaki.com/
メールのやり取りと、「宅ふぁいる便」による音源課題提出が基本となる作曲・編曲講座です。

島崎貴光

他講座との違い

細部に渡るアドバイスで、「作曲・編曲両方の採用を勝ち取る実力」をつける!

最近では機材も安価になり、PCベース制作が基本となったために、コンペでのデモ音源クオリティーも非常に高くなっている現実があります。そして、コンペでの競争率もとても激しいので、それに打ち勝って採用を狙うためには、良いメロディーは当然のことで、いかにクオリティーが高いアレンジがされているのか、いかにK最終形がイメージしやすいミックスがされているか、ということが非常に大事になってきています。

音源クオリティーも、仮歌も、演奏も、「デモだから」という言葉は通用しません。

また、現実的な話ですが、音楽氷河期と呼ばれる時代で、作曲だけの採用では、収入面は厳しいです。
「夢の印税生活」を目標にしている方も多いかもしれませんが、相当ビックネームのアーティストやグループへ定期的に提供していかなければ難しいです。大体の人は、最初の印税振込みで、現実を知ることとなります。
ある程度売れなければ、長期的な振込みもなくなります。

さらに長期的に作家活動をするならば、どうしても、「楽曲すべての制作」をやっていく必要があります。

「今の時代なら、アレンジまで出来て、それが普通」ですし、「仕事」と考えたら益々、作曲・編曲込みでの制作・提供が出来なければ、仕事を勝ち取る上では、圧倒的に不利でしょう。

「アレンジャー」を目標とするにしても、歌モノの場合は、メロディーのことをきちんと知らなければ出来ませんし、歌心が理解出来ていないと厳しい世界です。

そのためにも作曲面だけではなく、アレンジ面での勉強とクオリティーアップが必須となります。
当然、自分の作ったメロディーには、自分の思っているアレンジを乗せたいと思う人が多いでしょうし、
その想いを叶えるためにも、「作曲とアレンジの両方を勝ち取る」ということを、意識していって欲しいと思います。

本講座では、メロディー面はもちろんのこと、アレンジの細かい部分に至るまで、細かい修正やアドバイスをさせて頂きます。最初は、相当現実的なコメントやアドバイスで、凹んだり自信をなくすかもしれませんが、大切なのは、そのあとに、
きちんと修正して、自分の弱点を克服し、クオリティーの高い音源を定期的に作っていけるか、です。

自分の弱点と向かい合うことになりますし、細かい修正が面倒だったりするかもしれませんが、プロはみんな、そういった細かい作業や試行錯誤を繰り返し、細かい部分にもこだわりを持って制作しているのです。

メロディーでも、1音の動きに対してもアドバイスしますしKick1音の音色差し替えや1dbの音量差の修正も求めます。

文字にしてみると「そんな細かいの?」と思う方もいるかもしれませんが、
実際のプロの作曲やアレンジって、そういう細かいことの蓄積で出来ているのです。

そういったやり取りを繰り返すことによって、 「これをこうすれば、こんなにクオリティーが上がるんだ」とか「最初の提出音源と、最後の音源が、こんなに変わるんだ」 ということを、実感して頂けるはずです。

仮歌/演奏/ミックス/マスタリングに至る
すべての面をアドバイス!

せっかく、良いメロディー、良いアレンジが出来ても、仮歌が微妙だと、冗談抜きでその楽曲は死んでしまいます。

MUSiC GARDENでは、仮歌の選定/ディレクションで気をつけるポイント/Edit方法/演奏の音色・技術指導/ミックスやマスタリングにおけるソフト面や技術面でのアドバイスなど、細部に渡って教えていきます。

実際に、作曲・アレンジで採用になっている楽曲のクオリティーは、コンペ提出時から既に高いものがほとんどです。そういった音源クオリティーが作れるようになるための、意識改善行動改善を促していきます。

クリエイター特有の「将来への不安や孤独面」などを、メールでカウンセリング

作曲・編曲活動は、家や作業場にひたすら篭って、パソコンを前にして黙々と行うものです。そうすると、「こういうことを繰り返していて自分は良いのだろうか?」「自分はプロになれないのでは?」と、マイナス発想が増加していき、次第にどんどん自信がなくなっていき、自らネガティブ要素を増幅させてしまう人が本当に多いのです。

大体の人たちが、「自分はこんな現状でいいのか?」「いつまで音楽やってるんだ?」と、一般の方々と比べてしまう傾向があります。
そうすると、当然良いことはあまりナイですし、益々ネガティブな発想になりがちです。

本講座では、たくさんの失敗や挫折を経験してきたからこそ学んでこれたノウハウや、発想の転換法などを伝授することで、生徒さんの意識改善が見込めますし、何よりも「プロで活躍してる人達も、今の自分と同じように不安な時期もあったし、挫折経験があるんだ」と安心して頂けるようになります。

プロ作家は、メンタル面がとても大事です。メンタル面が弱くなると、クリエイティブは相当影響を受けてしまいますので、その点を強力にカバーしていきます。

作曲・編曲講座の進行について

以上の工程を繰り返し、各自の弱点把握と克服、課題完成とクオリティアップを目指します。
ここで制作する課題音源は、最終的にコンペに通じる音源クオリティーを目指しての制作になります。課題とレスメールと向き合うことで、各自の弱点や欠点を把握出来、多くのスキルとプロ目線の意識を獲得することが出来ます。

★優秀者には、コンペ参加をして頂きます。★

課題を一部紹介

■生徒の過去ストック曲を添削し、修正をしてクオリティーアップさせる課題 ■ジャンル指定による作曲・編曲課題 ■イントロ、A、B、サビと分けた段階ごとの修正・作曲・編曲課題 ■1ハーフサイズ楽曲による作曲・編曲課題 ■フルサイズ楽曲による作曲・編曲課題 ■実際の発注文章を使用しての作曲・編曲課題 ■リズムアレンジ課題 ■ミックス・マスタリング課題

受講料金と受講条件

入会金
10,000円
受講料
17,000円 / 月初め振込みによる月謝制です。
年齢条件
20歳~40歳までの、男女のプロ志望の方を対象とさせて頂きます。
受講必須条件
「最低半年」は継続して受講すること。